the only one thing I can say....
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
楢山節考
評価:
緒形拳,坂本スミ子,左とん平,あき竹城,今村昌平
東映ビデオ
JUGEMテーマ:映画


深沢七郎の同名小説の、木下恵介監督作品に次ぐ2度目の映画化。「にっぽん昆虫記」「ええじゃなか」の今村昌平監督が、因習により山に捨てられる老婆と、その息子の心の葛藤を描いた人間ドラマ。1983年のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞。信州の山深い寒村。いまだ元気に働くおりんだったが、今年、楢山まいりを迎えようとしていた。それは、70歳の冬に皆、息子に背負われ楢山へ捨て置かれるという村の掟のこと。神に召されると喜ぶおりんに対し、息子・辰平は気持ちの整理がつかない……。

最高でしたね、、歯が丈夫で、鬼婆と言われる事が恥ずかしいおりん(坂本スミ子)は臼の角に自分の歯をぶつけて自分の歯を折るんですが、折れた歯を見て”なんや2本だけか、、”のセリフ。
まつやんとけさきちの絡みでは2匹の蛇が見事に絡む映像が入ったり、、、利助(左とん平)がシロを犯すシーンも泣けるんですが、倍賞美津子が父親の遺言通り、村の男衆に順番に股を開くんですが、それでも左とんぺいだけは拒否するあたり、、やらせてもらえない左とんぺいが、おかね(清川虹子)とセックスするくだり、、おりんがおかねに頭を下げてお願いする、ところなどなど、、利助とおかねが終った後に、”使おうと思えば使えるだね〜”は最高の名台詞だと思います。ちょっと見てはイケナイ物を見た気もしますが、、、

終盤、緒形拳が母親をおぶってお山に登る時の苦労、おぶられて尚、息子を思う母親の気持ち、、、、、(白骨を山ほど用意した美術さんの苦労とか、、あんまり関係ないけど、、、)

おもしろかったです。

58年の田中絹代の奴も観たい。
movie-Japan comments(2) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








あたしが好きな台詞は倍賞美津子の「ばか。そんなの拝むんじゃないよ!」かな(笑)
from. かおり | 2008/01/19 13:26 |
かおり様。
あ〜〜〜〜〜〜〜ありましたね。その台詞もかなりツボです。笑)

from. shin | 2008/01/20 00:37 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hongkongcafe.jugem.jp/trackback/716
↑ポスターが面白い。 ■楢山節考(1983) 監督:今村昌平 脚本:今村昌平 原作:深沢七郎 出演:緒形拳、坂本スミ子、左とん平、倍賞美...
| あたしの異常な愛情 | 2008/01/19 13:24 |
<< NEW | TOP | OLD>>