the only one thing I can say....
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
トム・ヤム・クン! プレミアム・エディション
評価:
トニー・ジャー,ペットターイ・ウォンカムラーオ,ボンコット・コンマライ,プラッチャヤ・ピンゲーオ
ジェネオン エンタテインメント
JUGEMテーマ:映画

CGを一切使わず、生身の肉体を駆使した危険なスタントが話題を呼び世界的な大ヒットとなった「マッハ!」の監督・主演コンビ、プラッチャヤー・ピンゲーオ&トニー・ジャーが新たに手掛けた超絶アクション大作。密輸組織によって連れ去られた大切な象を取り戻すため、単身オーストラリアへと乗り込んだ最強ムエタイ戦士の活躍を描く。「マッハ!」よりもさらにスケールアップした驚異のアクションが炸裂する。
 タイ東部の小さな村。そこでは、最強のムエタイ兵士の末裔たちが、王に献上するための象を育てながら暮らしていた。しかしある日、2頭の象が密輸組織によってオーストラリアへと連れ去られてしまう。この2頭を家族の一員として大切に育ててきたカームは、彼らを助け出すため単身オーストラリアへと向かうのだったが…。
やっと観る事が出来ました。あの”マッハ”のトニー・ジャー主演第二作。

奪われた象を取り戻す為、単身オーストラリアに乗り込み犯罪組織と戦うのですが、、、

冒頭の象にまず感動!!幼少の頃のトニー・ジャー役の男の子と象の優しさ、立派な象牙の上に寝そべって散歩の映像なんて可愛くて、、象が彼女を見つけて森へ消えて、少したつと、子象(ポーヤイ)が出てくるシーンがあるんですけど、それもなんとも可愛いんです。演技が出来る、芸が出来るのは知ってましたけど、改めて象って頭がいいんだなぁと感心していました、特に母親象が打たれて心配する小僧(X)子象(○)の映像にはそれだけで涙出そうでした。

トニー・ジャー自身のアクションは関節技が増えた分少し地味になったかなぁとも思いましたけど、それでも観せる映像でした、特に燃える寺の中での格闘は、下が水浸し、回りは火事で燃えているという事もあってか、水しぶきと炎のコントラストが映像に迫力を持たせていました、相手がカポエラの使い手ってのもポイント、、、

蛍光灯を手にしたインラインスケートト、バイク、4輪バギーなど”Xげーむ”な連中が相手の格闘もさすがでしたし、最後の最後では2メートルはありそうな巨漢3人相手に、必殺象の骨パンチ!!

前作”マッハ”に比べ”真空飛び膝蹴り”や”脳天めがけて怒涛の肘打ち”は減りましたけど、それでもアクションは最高でした
movie-others comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hongkongcafe.jugem.jp/trackback/715
<< NEW | TOP | OLD>>