the only one thing I can say....
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
手紙 スタンダード版
評価:
山田孝之,玉山鉄二,沢尻エリカ,吹石一恵,風間杜夫,杉浦直樹,生野慈朗,東野圭吾,安倍照雄,清水友佳子
日活
JUGEMテーマ:映画

人気ミステリー作家・東野圭吾の同名小説を映画化した社会派ドラマ。兄が強盗殺人を犯したことでいわれなき差別に苦しむ主人公の姿を通して、加害者の家族をとりまく社会のあり様を真摯なまなざしで見つめる。主演は「電車男」の山田孝之、共演に玉山鉄二、沢尻エリカ。監督は「いこか もどろか」「どっちもどっち」の生野慈朗。
 川崎のリサイクル工場で働く青年、武島直貴。積極的に話しかけてくる食堂の配膳係・由美子とも打ち解けることなく、人目を避けて生きる彼にはある秘密があった。兄・剛志は、弟を大学に行かせるため学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまったのだ。無期懲役で服役している剛志からは毎月手紙が届いていた。しかし、それが元でリサイクル工場でも兄のことが明るみとなると、直貴は工場を後にする。やがて、大好きなお笑いでプロになる夢を抱き、徐々に頭角を現していく直貴だったが…。

ナニかが足りない。
そんな感じ、出演者へのフォーカスが絞りきれていないからなのか、人殺しの兄を持ってしまった弟がどんだけ苦労をしてきたかという描写が薄い気がする。他の出演者に対してもそうなんだけど、バックボーンが表現しきれてない分、感情移入がしにくくて、、、泣けない。

吹石一恵、風間杜夫なんかのくだりは無くても良かったんじゃないか?

手紙というタイトル、弟が受けた差別、元気だせ!と励ます女、これが表面だけのストーリー描写ではなく、背景を描くことによってもう少し重みが出たのではないかと思う。

悪い映画じゃないけど、軽い。

東野奎吾の加害者の家族という珍しい主観の原作と、玉山鉄二の最後の涙のシーン、山田孝之の陰りの演技。吹越満との対面シーン。これで星二つ。

”金曜日になると兄貴思い出すんですよ。粗大ゴミの日だから。”

これに一個あげよう。
movie-Japan comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hongkongcafe.jugem.jp/trackback/683
<< NEW | TOP | OLD>>