the only one thing I can say....
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
太陽を盗んだ男
評価:
沢田研二,長谷川和彦,菅原文太,池上季実子,北村和夫
アミューズソフトエンタテインメント
原爆をつくり上げた中学教師が、国家を相手に理不尽な要求を突きつけていく痛快犯罪サスペンス。中学校の理科教師、城戸誠。東海村の原子力発電所からプルトニウムを盗み出し、自宅のアパートで原子爆弾の製造に成功する。城戸は原爆を武器に、警察に対してプロ野球のTV中継を最後まで見せろと要求。続いて城戸は、ローリング・ストーンズの日本公演をラジオ番組を通じて要求する……。

展開が面白すぎる。

こういう少しキレちゃった反体制主人公って言うのは当時の日本では(1979年)格好よく見えたのかもしれませんが、、今、これを見ると、笑えます。

プルトニウムを盗む。(出来るかそんなモン!)
原爆作る。(出来るかそんなモン!)
それを手に政府に要求。
テレビのナイター中継を最後まで見せろだとか・・・ローリングストーンズ呼べだとか・・・・この辺は面白いんですけど、、

”俺の名前は9番。”

ジュリーの部屋に当時の核保有国の国旗があったりだとか、、、細かい部分では、お!シャレてるなぁ〜って想うとこもあったりして、、、

文太ともみ合い、二人ビルから転落、ジュリーだけ電線に引っかかって、助かったりだとかね、、、文太がヘリに捕まってジュリーの車の前に現れるシーン、あの高さから飛び降りても死なないってトコで悟った、、

”あ〜これはオバカ映画なんだと”

でもまぁ、強烈ですよ、、

池上季実子もひどいな、、

ジュリーも今じゃそこらのおっさんと変わらないし、一緒にブート・キャンプやる?
movie-Japan comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hongkongcafe.jugem.jp/trackback/530
<< NEW | TOP | OLD>>