the only one thing I can say....
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
GHOST IN THE SHELL〜攻殻機動隊〜
評価:
家弓家正,玄田哲章,山寺宏一,川井憲次,大塚明夫,大木民夫,田中敦子,黄瀬和哉,伊藤和典,押井守,沖浦啓之
バンダイビジュアル
鬼才・押井守が士郎正宗の同名コミックを映画化し、日本のみならず全米でも記録的なヒットを飛ばしたSFアニメーション。作画の素晴らしさやデジタルを駆使した画像の美しさはもちろん、押井監督独特のシュールかつ重層的な作品世界が秀逸。また監督自身がこだわり抜いた、リアリティ溢れるガン・アクションも見どころ。伊藤和典脚本、音楽に川井憲次。声の出演に田中敦子、大塚明夫、山寺宏一、家弓家正。西暦2029年。企業のネットが星を覆い、電子が駆けめぐる近未来。公安9課の草薙素子を隊長とする、通称“攻殻機動隊”のメンバーに、国際手配中の天才ハッカー・人形使いが捕らえられたという報が入る。完全にサイボーグ化し、電脳を有する人形使い。ネットの海から生まれた彼は、自らを生命体と主張し、亡命を提言する・・・。

世界中に衝撃をあたえたと言っても過言ではない、ジャパニメーションの代表作、攻殻機動隊。この作品がたとえばマトリックスのオープニングのモデルになっていたりするなんて事もあまりにも有名ですな。

なんべん見ても素晴らしい。
movie-Japan comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>