the only one thing I can say....
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
セブンソード
評価:
レオン・ライ,ドニー・イェン,チャーリー・ヤン,スン・ホンレイ,キム・ソヨン,ラウ・カーリョン,ツイ・ハーク,チョン・チーセン,チュン・ティンナム
ワーナー・ホーム・ビデオ
JUGEMテーマ:映画

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのツイ・ハーク監督が、中国、香港、台湾の人気俳優を贅沢に起用し壮大なスケールで描く武侠アクション巨編。中国を代表する武侠小説の大家、リャン・ユーシェンのベストセラー『七剣下天山』を基に、清軍の蛮行を阻止するため立ち上がった7人の剣士の活躍を描く。
 1660年、清王朝建国後の中国。満州人の清朝は漢族の明朝の滅亡を図り、“禁武令”を発して武術の覚えある者を次々と死罪に処していった。清朝の冷酷無比な圧政に、かつて明朝で処刑人を務めていた武術の達人・傳青主が立ち上がる。彼は青年剣士の韓志邦と女侠の武元英を伴い、伝説の刀匠・晴明大師が住むという神秘の山“天山”へと向かう。傳青主の救援の要請に応え、晴明大師は4人の偉大な弟子、楚昭南、楊曇、穆郎、辛龍子を特別な七つの剣とともに送り出す。こうして、4人の弟子に傅青主ら3人を加えた“七剣”が誕生、清軍に戦いを挑むのだった。

”七人の侍”というピザ生地の上に今までの”英雄ーHero”とかの武侠モンをぜ〜〜〜んぶかき集めて、ぜ〜〜んぶ混ぜて焼いたみたいな映画。なんせ凝縮しすぎ、ついでに”無間道”のスパイスも少し入れておこうか、、
七人の剣士のバックボーンがはっきりしないし、それぞれが特に個性的ってわけでもないので、感情移入がしにくいですね。村の若者二人は剣を抜いたってだけで仲間になっちゃったし、おまけにめっちゃ強くなってるし。この七人が主人公なのでは無く、剣自体が主人公なのだとしたら、もう少し刀剣の類を多く映して欲しかった。剣や、装飾品、小道具などは非常に細部にまで精巧に作られていて、特にドニー・イェンの持つ由龍剣の柄の部分の龍の彫刻は綺麗だなぁと感動。黎明はねやっぱりどっかの田舎の兄ちゃんっぽいんだよなぁ、田舎臭さ抜けてない。終盤のドニー・イェンと風火連城との狭い狭い通路での一騎討ちは見ものでもあるけど、くどい気もする。

ツイ・ハークはツイ・ハークのアクションでいいのに、今回のこれはなんか妙にアーティスティックになってしまったのも違和感を感じた原因かなぁ、、、、
movie-HongKong comments(0) trackbacks(0)
ベルベット・レイン(原題:江湖)
評価:
アンディ・ラウ,ジャッキー・チュン,ショーン・ユー,エディソン・チャン,ウォン・ジンポー,アラン・タム,トウ・チーロン
日活
JUGEMテーマ:映画

黒社会で尊敬を集めている大ボス、ホン(アンディ・ラウ)の暗殺計画の噂がたちはじめ、配下の3人のボスたちは互いに腹を探りあう。「皆殺しも止む無し」を信条にしたホンの兄弟分で冷酷無慈悲な左手【レフティ】(ジャッキー・チュン)は、暗殺を阻止しようと目を光らせていた。そんな中、ホンの愛する妻に待望の子供が生まれる。「家族を守ってこそ真のボスだ」と言うホンに対し、危険を避けるため引退を勧めるレフティ。深い絆で結ばれていた二人の間にでさえ、僅かな軋轢が生まれようとしていた…。

長い事観た事無かったこの二人の共演、調べたらウォン・カーワイの”今すぐ抱きしめたい”以来だとか、、16年ぶりくらいでしたか?
観た感じは上記”今すぐ抱きしめたい”と”インファナル・アフェア(無間道)”を足して2で割ったような感じ、、無間道で一躍有名になった若手二人、エディソン・チャンとショーン・ユーも好演してました。

movie-HongKong comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |